学生の声 (合格者の一部を掲載しています)

京都府医師会看護専門学校・洛和会京都厚生学校 合格

P1180454

Hさん

2021年度 34期生

私は社会人として仕事をしながら看護師を目指しました。仕事をしながらの受験勉強だったので効率よく勉強ができるように予備校に通うことを決めました。独学での受験も検討しましたが情報を集める中で厳しいと感じたのも予備校に通う理由のひとつでした。授業は基礎から教えていただき、定期的にテストもあることで自分の今の実力を確認することができます。テストの後は先生との面談もあり悩みごとなどもとても親身になって聞いて下さいました。他にも、願書を何度もチェックして手厚くサポートしてもらえます。また、面接練習も何度もしていただき、的確なアドバイスをしてくださるので本番では自信を持って受験に臨めました。受験は本当に大変なことも多かったですが、先生方に支えていただき頑張ることができました。予備校に通って本当に良かったです。

近畿高等看護専門学校・洛和会京都厚生学校 合格

Y

Yさん

2021年度 34期生

私は社会人経験を経て看護師を目指す事を決めましたが、自力ではなかなか勉強を習慣化できずにいた為、思い切って京看に通うことに決めました。京看では、授業で基礎からしっかりと勉強をし、授業外でもこなすべき宿題を提示してもらえた為、効率よく予習復習をするサイクルを作ることができました。分からないところがあれば、授業外の時間でも先生方に納得のいくところまで教えてもらう事ができるため、苦手部分も克服するうちに勉強に達成感を持つ事ができました。そして、私は特に面接に不安がありましたが、上手くなるまで何度も練習をさせて頂き、細やかで的確なご指摘をもらう事により、自信を持って本番に臨めるようになりました。また、京看に通うことで看護師を目指すという同じ目標を持った友達ができ、受験への不安を励まし合うことで、つらい時間も乗り越えられました。また、先生方には家庭の事情や受験方針のことなど、親身にお話を聞いてくださいました。この様な様々なサポートのお陰で、第一志望の学校へ合格する事ができました。本当にありがとうございました。

京都医療センター附属京都看護助産学校 合格

OKAMOTO

Oさん

2021年度 34期生

私は母が通っていたのをきっかけに京都看護医療予備校を知り、面接練習や小論文対策もしてくださるということで通うことを決めました。夏休みまでは部活もあり両立は大変でしたが、出られなかった分の授業は後日ビデオ学習し、部活が終わってからはできるだけ予備校に来ることで勉強する習慣を身に付けることができました。授業は基礎的なことから分かりやすく丁寧に教えてくださったおかげで、もともと苦手だった教科もできるようになっていきました。一番不安だった面接は何回も練習することでだんだん自分の考えを伝えられるようになりました。他の人と一緒に練習することで、たくさん学ぶことがあり、本番では緊張しましたが自信を持って話すことができました。受験までは不安なこともたくさんありましたが、友達や先生方の支えのおかげで無事に合格することができて本当に良かったです。

帝京平成大学 合格

h

Hさん

2021年度 34期生

私は現役の時、受験に失敗し今年は助産学校に必ず合格したいという思いから、京都での就職先より先に京都看護医療予備校への入学を決意しました。地元の長崎を出てきたばかりで何も知らない私に入学前からナースセンターの紹介をしてくださり、就職活動からたくさんサポートして頂きました。そのおかげで無事就職先も決まり、受験勉強に集中して取り組める環境ができました。予備校では実際に助産師として働いている先生や小論文、英語の専門の先生方が過去の助産師学校問題を分析したうえで要点に絞った授業をしてくださるため、授業プリントを見返すことで日々の限られた時間でも質の良い自己学習ができたと思います。受験日が近づくと始まる面接練習は、本当に私の自信と力になりました。何回も練習したことで人前で話す緊張にも慣れ、本番は落ち着いて自分の力を発揮できました。また、受験校に関する相談にも何回ものって下さったことで、色んな選択肢の中から自分の意思を軸にした上で受験校を決めることができたと思います。この一年、受験勉強と仕事の両立に不安を抱えていましたが、どんな時も相談しやすく様々な面で支えてもらえたため助産学校にも合格でき、とても濃く良い一年を過ごすことができました。予備校に入って本当に良かったと思っています

京都中部総合医療センター看護専門学校 合格

t

Tさん

2021年度 34期生

去年、看護師になりたいと思い、独学1ヶ月で通学できる距離にある看護学校の社会人入試に挑みましたが当然の如く不合格でした。何を勉強すれば良いのかもわからず独学では限界があると感じ、一度話を聞いてみたいと京都看護医療予備校の個人相談に申し込みました。親身に相談にのって頂き、勢いだけの行動や考えの甘さを反省し入学を決めました。入学後のサポートも手厚く、ここで学びたいと強く思える学校を見つけることができ、無事に第一志望の学校に合格することができました。特に、願書の指導と面接対策がとてもためになりました。コロナ禍により、入学後リモート授業になってしまったりもしましたが、先生方の支えと同じ目標を持ったクラスメイトの存在を励みにモチベーションを保つことができました。得たものを忘れずに看護学校でも頑張ります。本当にありがとうございました。

京都看護大学・明治国際医療大学 合格

INUISI

Iさん

2021年度 34期生

私は、中学生の頃から行きたいと思っていた京都看護大学に合格するために京都看護医療予備校に通いました。予備校は社会人の方が多く、高校とも雰囲気が違ったので最初はとても緊張していました。しかし、一緒に授業を受けていくうちに直接話すことはなくても、お互いに高め合えていたと思います。授業は基礎から丁寧に教えて頂いたので演習のときに理解しやすかったです。私が特に不安だったことは小論文と面接でした。小論文は、授業で書き方を教わり何度も書くことで時間内に自分の考えを上手くまとめることができるようになりました。面接は、最初は予想外の質問をされた時に、言葉が止まってしまいました。しかし、練習を繰り返し行うことで自信がつきどんな質問をされても上手く答えられるようになりました。そして、本番でも練習してきたことを十分に出し切ることができました。自信を持って入試に臨めたのは京看のおかげです。ありがとうございました。ここで学んだことを活かして、4月から看護学生として頑張っていきたいです。

大津赤十字看護専門学校 合格

NAKAMURA

Nさん

2021年度 34期生

4月に予備校に入学してから一般入試に向けて3教科の中でも特に数学を頑張っていました。数学は得意だったのでテストでも点数が取れて楽しかったのですが、苦手な英語は避け続けてしまい夏休みから頑張り始めました。予備校に通ってから国語の成績が一番上がりました。推薦入試に向けて小論文の授業が始まってからは、週4回通わなければいけなかったので少し辛かったです。さらに10月からは願書作成や面接練習がありとても大変でした。面接練習では、部屋の入り方など一から教えてもらえたことでとても上達できたと思います。特に、『面接官がどんな答えを求めているか』というところまで解説してもらえたことでコツを掴むことができたと思います。そして本番の推薦入試で、小論文は何度も練習したので落ち着いて書くことができました。面接も同様に練習した中にあった質問を聞かれたので落ち着いて自分の考えや思いを伝えることができました!学校の週2回の面接練習と予備校の授業や面接練習と10月はとても大変でしたが、頑張って良かったと思っています。

京都中部総合医療センター看護専門学校 合格

ootani

Oくん

2021年度 34期生

私は京都看護医療予備校を知るまでは個別指導の塾に行こうとしていました。しかし、京看のように過去の受験の資料や看護学校ごとの対策はなく勉強を教えるだけだったので、京看に入学することを決めました。それまでは独学で勉強していましたが、京看には自分と同じように看護師を目指すクラスメイトがたくさんいるので、みんなに負けないように頑張ろうと思えました。現代文・小論文の授業も分かりやすく、面接練習でも過去の面接試験で聞かれたことを参考にして練習して下さいました。私は面接の返答がとても苦手でしたが、練習を重ねるうちに少しずつ答えることができるようになりました。短い期間でしたが予備校の皆さんのおかげで合格することができました。ありがとうございました。

京都光華女子大学 合格

toudou

Tさん

2021年度 34期生

私は、前年度に看護師国家試験の勉強と平行して助産学校の受験勉強を独学でしていましたが、助産学校には合格することができませんでした。しかし、どうしても助産師になりたいという思いを諦められず、再チャレンジすることに決めました。仕事と子育てで勉強時間が限られている中で、必ず今年は合格するために京都看護医療予備校に通うことにしました。予備校では専門科目の重要な点や受験で頻出される項目を講義していただき、効率よく学ぶことができました。小論文の授業では書き方を一から指導していただき、助産学校の受験に特化したテーマを解説して、テーマに沿った書き方を学ぶことができました。また、面接練習は先生の的確な指摘や同じ目標を持った仲間と高め合いながら何度も練習をしていただき、本番は自信を持って臨むことができました。京看に入学できて、仲間に出会えて本当に良かったです。ありがとうございました。

 

京都医療センター附属京都看護助産学校 合格

hamasaki

Hさん

2021年度 34期生

まず初めに、私は京都看護医療予備校で学べて本当に良かったという気持ちでいっぱいです。正直、予備校に入学することにとても迷いがありました。それは看護学校に通っているため平日は実習があるからです。土曜日に早起きして3限分の授業を集中して受けることができるのか、実習の勉強や記録は追いつくのか、たくさんの不安がありました。しかし、不安や心配な気持ちよりも助産師になりたいとの気持ちがとても強かったため入学を決断しました。講義が始まってからは、実習で疲れて眠たい時やしんどい時はたくさんありました。しかし、専門科目の授業はとても分かりやすく、講師の先生が助産師で臨床に出られているためリアルな話を聞けることがとても楽しく面白かったです。小論文では最初は書くだけで精一杯だったのですが、積み重ねることで書き方も理解でき、文章を書くことがとても身に付いたと感じています。実習記録も書きやすくなりました。英語は宿題が多く時間を作るのが大変でしたが、自分の受験校の幅が広がるようにと思い受けていたため頑張って良かったと思っています。そして、面接練習があったからこそ私は合格できたと思っています。約2カ月間、面接練習をしてくださった先生方には感謝をしています。日に日に自分に自信がついていき、助産師になりたい気持ちを自分の言葉で表現できるようになりました。その甲斐があり、受験当日は落ち着いて面接試験に臨めました。合格するまでは自分の中にたくさんの葛藤がありましたが、予備校に通うことができて本当に良かったと思っています。同じ道を目指す新しい仲間と出会えたことも私の支えになりました。来年の4月からは今以上に大変だと思いますが、助産師になりたいという強い気持ちを持ち続け努力していきたいと思います。

1 2 3 4 5 6 32