学生の声 (合格者の一部を掲載しています)

草津看護専門学校 合格

0

A ・ H くん

2012年度生

京都看護医療予備校に入学し受験に向けての準備を始めましたが、介護福祉士としての仕事と勉強の両立は想像以上に大変でした。今までに経験したことがないほどのハードな生活に体調を崩すこともありました。面接練習では入試直前まで志望理由だけでなく、長所や短所など自分自身のことも全く言えず「こんな自分が看護師になって良いのか」「自分の選択は間違っていたのではないか」と真剣に悩みました。しかし、先生方のアドバイスや励ましがあったことや、職場の方々や親戚など周囲の人に「看護師になる」と言ってきたため、絶対に合格するという強い気持ちを持ち入試に挑むことができました。看護学校に合格できたこれからが本当の勝負だと思います。一年間の予備校での経験を活かして、今後も頑張っていきたいです。看護師を目指すことに理解を示してくれた両親、職場の仲間、看護師になるチャンスを与えて下さった先生方には大変感謝しています。ありがとうございました。

明治国際医療大学 合格

0

I ・ M さん

2012年度生

私は京都看護医療予備校に入学する前年に、独学での受験に挑戦しましたが失敗に終わり、すがる思いで入学を決めました。10年ほど勉強から離れていたため、毎日の予習、復習は欠かすことなく授業を受けました。また、家族にも支えてもらい勉強をする環境をしっかり整えるようにしました。面接練習では的確にご指摘下さり、家でも声を出して練習を重ねるようにしたため、試験本番ではしっかりと自分の気持ちを伝えることができました。何度も重ねた練習と先生方の多くのアドバイスのおかげで、自分自身が納得のいくものになったと思っています。学力にも不安を感じていた私が合格できたのは、家族のサポートや学院長をはじめとした先生方のおかげです。時には厳しくご指導して頂いたことで「また、頑張ろう」という気持ちになり、厳しい受験を乗り切れることができました。本当にありがとうございます。

京都中央看護保健大学校 合格

0

K ・ A さん

2012年度生

私は高校3年生で京都看護医療予備校に入学して本当に良かったと思っています。学校の勉強と両立させるのは大変でしたが、京看に入学したおかげで予習・復習の習慣が身に付きました。また、学校では数回しか練習する機会がなかった集団討論の練習を何度もして頂け、その中で討論に大切なことが学べました。個人面接の練習では自分の改善点を先生に教えて頂けるため、毎回成長することが出来ました。また面接練習は少人数で行うため、他の方の様子を観察できる機会が多く、他者の良い点を取り入れられます。この様な経験のおかげで、面接にも自信を持って臨むことが出来ました。ポイントをおさえた授業だけでなく面接や願書についても先生方にご指導して頂きました。親身になって支えて下さった先生方の熱意に応えるためにも、これからもしっかり学び、看護師になるために頑張ります。本当にありがとうございました。

京都医療センター附属京都看護助産学校 合格

0

K ・ T くん

2012年度生

私は前年、受験した看護学校の一次試験は全て通過しましたが、最終合格はありませんでした。私はこの受験方法に疑問を感じ、京都看護医療予備校の入学説明会に参加しました。学院長は学科試験も大切だが、看護師という仕事の性質上、看護学校の面接試験も非常に重要だと教えて下さり、この予備校は学科試験だけでなく、願書の添削や模擬面接の指導も充実しており、予備校生の合格の為に全力で丁寧な進路指導を行っていると説明して下さいました。お話を聞いているうちに、私もこの予備校で勉強すれば必ず合格できると確信し入学しました。大学卒業後10年以上社会人経験がありましたが、模擬面接では沢山のダメ出しがあり、その度に丁寧な指導がありました。さらに、二次試験の前夜まで小論文と面接を指導して頂き、試験本番も自信を持って臨むことが出来ました。学院長をはじめ先生方の的確な指導を素直で謙虚な姿勢で取り組んだからこそ、私は合格することができたと感じています。これからも予備校で学んだことを忘れず、看護学校で活かしていきたいと考えています。本当にありがとうございました。

京都保健衛生専門学校 合格

0

O ・ R さん

2012年度生

京都看護医療予備校に入って、最初はついていけるかが不安でしたが、学院長をはじめ、講師の先生方に愛情ある厳しさで指導して頂き、30歳を過ぎてこの恵まれた環境で学べたことにとても感動しています。一度でも授業を休むのが惜しく、難しいと決めつけていた問題が解けた時の嬉しさ、少しずつ学力が身についていく楽しさは益々学ぶ意欲に繋がっていきました。時には宿題や予習、復習の毎日に挫けそうになったこともありました。受験日が近づくにつれ不安と緊張で押し潰されそうなこともありましたが、同じ目標を志す仲間達と共に勉強をすることで励まされました。また、願書の作成では、私の長所や短所、性格などを客観的に指摘して下さり、さらにその指摘を自分自身で見つめ直しながら、少しでも自分をうまく表現できる願書が作成できるように熱意を持って指導して下さいました。面接の練習では志望校に合わせ的確なアドバイスをして下さるだけでなく、弱音を吐く私の思いにも共感し温かく支えて頂きました。このような先生方や仲間との出会い、京都看護医療予備校での経験は、看護学校に入ってからも私にとって大きな力になると確信しています。本当にありがとうございました。

聖泉大学 滋賀県立看護専門学校 合格

0

T ・ H くん

2012年度生

私は昨年、仕事と勉強の両立をして自力での受験を行いました。看護学校の受験において男性であることと年齢が高いことでの受験は本当に厳しいもので、なりたいという気持ちだけではどうしようもないのが現実でした。しかし、どうしても看護師になりたいという決意の元、京都看護医療予備校に入学しました。予備校に通い勉強をすることで、独学では敵わなかったポイントを押さえた授業を受けることが出来ました。また、同じ目標を持つ様々な年齢の同級生と机を並べることにより集中して高いモチベーションが保つことができました。勉強面以外でも予備校にいらっしゃる先生方は、本当に親身になり進学先の学校のみならず卒業後の病院や仕事についても色々なアドバイスをして下さいました。そして、机を並べて一年間共に過ごしたクラスメイト達との絆は、予備校を卒業後も同じ目標を持つ仲間として切磋琢磨し立派な看護師になる為の糧に必ずなると信じています。これからも、私と同じように京看で学ばれる皆さんの決意が必ず自分自身の未来へ繋がる事を祈っています。

京都桂看護専門学校 合格

0

D ・ S さん

2012年度生

私は前職で働きながら受験をすることに無理を感じ離職をして一年間受験勉強をする決意をしました。しかし、自己学習のみで合格できる学力もなく勉強方法に悩んでいたとき、京都看護医療予備校を知りました。入学してからは学院長をはじめ講師の先生方から熱心に指導して頂き、しっかりと学力をつけることができました。願書の添削や面接練習等の学力面以外のサポートもしっかりして頂き安心して受験に臨めました。また、同じ志を持った者同士なのでクラスメイトも仲が良く、お互いに勉強を教え合いながら悩み相談もして頑張ることができました。京都看護医療予備校に入らなければ第一志望校に合格できていなかったと思います。受験のことを考えると不安になることもあると思いますが、学院長や講師の先生方を信じて本気で受験に取り組めば必ず良い結果に繋がると思います。看護師という夢を叶える為にも京都看護医療予備校で夢の一歩を踏み出して下さい。

上尾市医師会上尾看護専門学校 合格

0

M ・ N さん

2012年度生

私は看護師を目指しながら病院で看護助手として勤務していましたが、仕事と並行しての独学に限界を感じ、効率的な学習ができるよう予備校を探していたところ、病棟の先輩ナースから京看を紹介して頂きました。昼間部と夜間部で悩みましたが、勉強から遠ざかっており自信もなかったため、科目の授業時間が多く取れる昼間部に入学しました。私は元々、関東地区での進学を考えていたので進学先の情報などにとても不安を感じていました。ところが看護系の全国紙の執筆に関わっている京看は、東京の出版社との情報連携により、過去の他府県の受験情報なども取り寄せて頂きとても参考になりました。また、なによりも他府県を受験するにあたり先生方が学校選びから実際の受験までとても親身に相談に乗って下さいました。受験校の特色等を把握した上で受験に臨めたこともあり心強く結果、高倍率にもかかわらず合格することができました。また、同じ目標を持った仲間に出会えたことは私の財産です。勉強のことだけでなく、プライベートのことでも気軽に相談に乗って下さり、受験時期に不安になっても京看の先生方や仲間がいたため乗り切ることができたと思います。

愛仁会看護助産専門学校 合格

0

H ・ Y さん

2012年度生

私は長く学業から離れていたため学科では難しいと感じることもありましたが、各教科の先生方に聞くと、いつでも丁寧に教えて下さいました。また、面接練習も何度もして下さり、願書も納得いくものになるまでしっかり添削して頂け、丁寧なご指導のおかげで自分が補うべきところを的確に知ることができました。この様に親身になって下さるところは、京都看護医療予備校の他にないと思います。また、クラスの仲間と支え合うことで、受験まで頑張ることができました。自分自身が学習に励むということはもちろん大事ですが、時に挫けそうになることもあります。そんな時に同じ目標に向かって努力する仲間が傍にいるというのはとても心強いことです。私は、先生方やクラスの仲間たちにとても感謝しています。本当にありがとうございました。

 

日本バプテスト看護専門学校 合格

0

S ・ M さん

2012年度生

「どこでもいいので受かる学校へ行く」のではなく「自分が行きたいと思った第一志望の学校へ行けるようにバックアップする」と京都看護医療予備校に通い始めたばかりの私たちに学院長が話して下さり、とても心強く思いました。ベテランの先生方のわかりやすい授業を受けることで学力を身につけることができ、独学ではわからないことが学べました。また、一人ひとりに指導が行き届いているため、看護を学ぶ姿勢を身に付けることができ、受験に対する準備が完璧にできました。京都看護医療予備校に入学して一番良かったことは、看護学生に求められているものは何か、自分のどの様なところが看護師に向いているのかがわかったことです。同じ目標を持ったクラスの仲間と共に勉強することは、私にとって大きな心の支えとなりました。励まし合い共に頑張ったクラスの仲間と、熱心に指導して下さった先生方に感謝の気持ちでいっぱいです。