学生の声 (合格者の一部を掲載しています)

京都桂看護専門学校 合格

入屋

Iくん

2017年度 30期生

私は大学を卒業し、三年間の社会人経験を経て、京都看護医療予備校に入学しました。入学当初は看護師になりたい熱意と憧れだけで、本当に看護学校に合格できるのか不安でした。しかし、予備校の先生方は常に学生目線で、どんな些細な質問でも親身になって相談にのって下さり、苦楽を一緒に乗り越えて下さいました。また、学習面においても講師の方々が非常にきめ細かな指導をして下さいます。私は三年間勉強のブランクがあり、高校時代の数学や英語には全く自信がありませんでした。ですが、解らない問題があれば、その場で理解できるまで教えて下さり、日々自分の成長を実感することができました。京看は本気で看護師を目指す人を最後までサポートしてくれます。時には厳しい言葉をかけられ、自分の行いを考えさせられることもありました。しかし、それはこれからの厳しい看護学校生活を乗り越えるためのアドバイスばかりでした。京看がサポートしてくれるのは看護学校の合格までではありません。その後の学生生活を想定して日常の生活態度にも細やかな注意をしていただけます。看護学校に合格した今、京看の先輩方が仰っていた「京看に通って本当に良かった。」という言葉がようやく理解できました。この一年間は勉学だけでなく看護師を志す人間として精神的にも成長でき、同じ目標に向かう仲間を得ることもできた濃密な時間でした。これから本気で看護師を目指す方は、ぜひ京都看護医療予備校に入学して、看護学校にチャレンジして下さい。

京都中央看護保健大学校、京都府医師会看護専門学校 合格

森山

Mさん

2017年度 30期生

看護学校の受験は学科だけでなく面接試験があり、私は面接が不得意なので合格することができないと思っていました。しかし、京都看護医療予備校に通い、面接練習で様々なアドバイスを頂いたことや、クラスメイトと交流をすることで、上手く話すことができるようになりました。予備校の授業では、苦手なところや対策を分かりやすく教えて頂いたおかげで、学力を着実に伸ばすことができたと思います。たくさんの人に支えられ、無事志望校に合格することができました。京看に入学して本当に良かったです。看護学生になっても努力を忘れることなく邁進していきたいと思います。

聖バルナバ助産師学院(助産科) 合格

高杉

Tさん 

2017年度 30期生 姫路医療センター卒

昨年はナースとして臨床に出ながら自己学習に励み、助産師学校を受験しましたが失敗に終わってしまい、自分の力不足を実感しました。一年後の受験に向け、向上心を維持することが難しいうえに学習方法も分からず、今後どの様に取り組めば良いのか困り果ててしまった為、予備校に通うことを決意しました。予備校では先生方から志望校選びから願書の添削、面接の指導をしていただけます。最後まで私たちを応援し、親身になって支えて下さっていたのでとても心強かったです。助産クラスは仕事や学校、子育てをしながら勉強に取り組む同じ境遇の仲間ばかりだったので、皆で励まし合いながら日々の学習を頑張り、受験も、受験も無事に乗り越えることができました。昨年は残念な結果だった第一志望の学校に合格することができ嬉しい気持ちでいっぱいですが、これからの学校生活でもしっかりと学べるように、予備校で出会えた仲間と一緒に頑張りたいです。

京都中央看護保健大学校 合格

迫田

Sくん

2017年度 30期生

私は二年前から看護師になりたいと考え受験をしていました。一昨年や昨年は試験日の二か月前から準備をして試験に臨みましたが、やはり二か月では足りず二年連続で落ちてしまいました。そんな時、京都看護医療予備校のことを知り、予備校の合格率の高さに魅力を感じ入学することを決意しました。三度目の挑戦なので「今年こそは絶対に合格する」という思いを強く持ち「予備校に通ったから合格できる」という甘い考えを捨て、一つ一つの授業に全力で臨みました。国語はしっかり宿題をし、数学は予習復習して解らなければ何度も解くこと。英語は単語と熟語を覚え、問題もできるだけ多く解くようにしていました。私の場合、授業後は働いていたので勉強をする時間を作ることが難しく、授業中に集中して頭に入れるようにしていました。また、各教科の先生方が試験に出るポイントをしっかり教えて下さり、それが実際に出たことが合格の決め手となりました。面接練習では私が苦手だったこともあり、随分苦戦を強いられました。先生が「自己理解と言いたいことのポイント整理が重要」と言われていましたが実際その通りで、私もしっかりと準備ができていたので不安なく面接試験に臨め、合格することができました。

京都府医師会看護専門学校 合格

西村まい

Nさん

2017年度 30期生

私は滋賀県の彦根から予備校に通っていました。初めは京都まで通い続けられるのか、遠いところまで通って合格出来なかったらどうしよう...........など不安がたくさんありました。しかし、予備校でしか出会えない同じ看護師を目指す友人ができました。また、社会人の方とも話す機会がたくさんあり、勉強だけでなくコミュニケーション能力も身に付けることができました。なかなか思うような結果が出せず悩んでいた私に、親身になって応援し背中を押して下さったのが学院長や事務局の先生方です。何もかも分からなかった私に色々なことを教えていただき、不安なときも相談することで気持ちを和らげることができました。本当に合格できるのかと、不安で泣いてしまうことが多かったのですが、たくさん話をして励まして下さり、勇気を貰いました。京看で学んだことを活かし、厳しい看護学校でも頑張りたいと思います。本当にありがとうございました。

奈良学園大学 合格 

田中景

Tくん

2017年度 30期生

高校生の頃は勉強が面倒くさく、板書をノートに写したりするだけでした。受験に失敗し勉強をしっかりしないといけない事に気付き、京都看護医療予備校に入学しました。予備校の先生方は時には厳しく指導されることもあります。でもそれは自分がすべきことをしなかった時や、してはいけないことをした時だけです。質問や相談をした時には一緒に悩んでアイデアやアドバイスをして下さいます。先生方の優しさを感じ、自分がしっかりしないといけないことを再確認できました。またレベルチェックテストが定期的にあり、自分の順位を知ることで刺激にもなります。目標に向かって自主的に勉強してみると、今まで解らなかったことが解るようになり、勉強が楽しく感じるようになりました。また本番の試験では予備校で教えて貰ったことが出題されていました。この予備校では、受験校選び、願書の添削や面接練習なども先生方がしっかりサポートして下さるので、安心して勉強に取り組むことができます。

草津看護専門学校 合格

平野

Hさん

2017年度 30期生

高校3年生になった時、私は看護学校を受験するうえで自分の学力を向上させたいと思い、京都看護医療予備校に通い始めました。予備校に通う前はどのように勉強すればよいのか分からず、計画を立てることすら出来ずに、ただ時間だけが過ぎていきました。しかし、予備校に通い始めてからは授業で配られるプリントを中心に勉強をしていくことで、入試に必要な学力を得ることができました。そのうえ面接練習と願書の添削もして下さり、特に面接練習は実際の受験校で質問された内容で行われるため、本番では落ち着いて面接試験に臨めました。また予備校には多くの過去問や資料・情報があり、志望校の過去問を何度も解くことで問題の形式に慣れることもできました。予備校に通うことで広い視野で看護学校を選び、自分が本当に行きたいと思える学校に出会えました。

兵庫県立総合衛生学院 合格

井本

Iさん

2017年度 30期生

私は自分自身の出産トラブルや、母乳育児を通して関わった助産師に憧れて進学を決意しました。しかし仕事や子育て、家族の状況により直ぐに受験することができませんでした。必ず助産師になるという目標だけは持ち続け、昨年ようやく進学のチャンスがきました。この一年で必ず合格したいと考え、友人も通っていた京都看護医療予備校への入学を決めました。37才という年齢や、7歳と1歳の子育てとの両立ができるのか正直不安でしたが、予備校に入学してみると現役生だけでなく子育て中の方も数名おられ、とても勇気づけられました。久しぶりの座学に初めは緊張しましたが、同じ目標に向かうクラスメイトと打ち解け、励まし合って勉強に取り組むことができました。予備校では勉強はもちろん、面接練習や願書の添削なども何度もしていただき、合格に繋がったと感じています。親身になって最後まで付き合って下さる先生方、そして予備校の仲間と一緒に頑張れたことが大きな財産です。本当にありがとうございました。

京都府医師会看護専門学校 合格

池田

Iくん

2017年度 30期生

予備校に入る前の私の学力は中学一年生レベルで授業についていけるか不安でしたが、中学の基礎から丁寧に教えて下さり、とても解りやすかったです。授業が終わったあともそれぞれの教科の先生が個別の質問に応じて下さり、自分の解らないところがどんどん少なくなってくるのを実感できました。そして問題が解けるようになると勉強が楽しくなり、自分で勉強する習慣も身に付きました。その結果、レベルチェックテストの結果も最下層から中間層まで順位が上がり、とても嬉しかったです。また学習面だけでなく、面接練習もして下さり、本番では緊張せず挑むことができました。私は何校も受けて准看学校しか受からなかったのですが、どんな道からでも最終的なゴールは国家試験合格です。それに向けて予備校での経験をバネにし、看護学校でも頑張りたいと思います。

滋賀県堅田看護専門学校・香里ヶ丘看護専門学校 合格

塚田

Tさん

2017年度 30期生

昨年、他の塾に通いましたが看護学校の受験に失敗しました。今度こそリベンジしたいと思い専門の予備校を探していたところ、京看の存在を知りました。看護医療系に特化した受験対策がカリキュラムに組まれていること、看護学校の先生が来られお話をして下さる機会を設けておられることが、「これは他の予備校にはない!」と魅力に感じ入塾を決意しました。クオーターごとにレベルチェックテストがあり、自身の学力を確認することができます。どこを苦手としていて勉強をすれば良いのかが分かるので、とても役に立ちました。そして同じ目標を持つ仲間たちと勉強ができたことは、良い刺激となり、勉強を頑張れるモチベーションとなりました。二年越しで掴んだ合格なので、看護学校に通い心が折れそうな時も、この二年間の受験勉強を乗り切ったことを思い出して、頑張りたいと思います。