京看の特徴

少人数制によるやさしく、わかりやすく

年々多様化する看護・医療系学校に合格する秘訣は、学校によって異なる入試傾向にどう対応するかです。その為には受験指導の専門家が必要です。当予備校の講師陣は看護・医療系学校受験を専門とするエキスパート集団です。限られた時間で全科目について生徒一人ひとりの学力と進度、理解度にあわせて個人指導に近いスタイルでやさしく、わかりやすくをモットーに効果的な授業を展開します。それはまた徹底した少人数制だからこそできるのです。

多くの情報と豊かな資料

当校には全国の看護・医療系学校から、入試問題をはじめ、学校案内書や、入試要項等が届けられています。また京看卒業生からの受験報告書等、在学生達はこの様に豊富な情報と最新の資料によって自分の受験校の内容や志望校決定の指針に大いに利用しています。

昼間部の授業風景

受験報告書・入試要項・学校案内完備

 

2016年(昨年)の受験ガイダンス参加校
京都看護大学、京都学園大学、聖泉大学、防衛医科大学校、京都医療センター附属看護助産学校、近畿高等看護専門学校、大津赤十字看護専門学校、京都中央看護保健大学校、京都桂看護専門学校 愛仁会看護助産専門学校 他

 

看護・医療学校の先生から受験説明を聞く

 

毎年恒例となっている京看卒業生との座談会では、たくさんの質問ができるので自分の受験したい大学や専門学校のオープンキャンパスではわからない生の声が聞くことができます。

毎年様々な学校へ数多く合格・進学し卒業生からいつまでも慕われる京看ならではの恒例行事です。

 

経験豊かな当校が誇る専門指導

当校の学院長は、看護・医療系学校受験のエキスパートであり、受験雑誌や新聞掲載はもとより、朝日新聞WEB(看護学部へ行こう)の執筆、また新聞社、病院、高校・受験関係出版社などが開催する受験説明会には、講演を依頼され、その内容は受験生等から高く評価されています。

京都府立高等学校進路指導協議会(進指協⇒進路指導部長の研修会)で講師を務める学院長<クリック

個人面談による指導・受験校決定指導

 年4回のレベルチェックテストの成績をもとに学院長・進路指導主任が各教科の弱点の勉強方法など個人面談をして的確な指導をしています。

面接練習

  看護・医療系学校入試では、学科試験の成績だけでなく、受験生の人柄や意識がかなり重要視されています。その為、面接試験を課す学校がほとんどです。

 当校ではあなたが受験する学校の過去の面接内容(京看受験者の報告書)を基に、本番同様に模擬面接を実施しています。本番で緊張しない為にも充分その対策を指導します。

高校進路指導の先生方に講義する学院長

 

 総合病院でナースに講義する学院長

 

個人面接風景

 

近年、集団討論を実施する学校が増加しています。
個人面接とは異なるケースにも対応できるよう京看では実際に集団討論を行い、より本番がイメージできるような授業を実施しています。 

 

キメ細かい事務局の対応

常にお世話をするのが事務局。
入試日程や過去のデータを基に的確に生徒ひとりひとりの受験校選択をキメ細かく指導したり、その他受験生の悩みや相談事まで親身になってお世話をする職員。受験生にとって信頼できる何よりも心強い相談相手です。

講師会では、授業内容やレベル、さらには学生一人ひとりの学力や進路を評価していきます。進路決定に関しては学力はもちろんのこと、家庭の経済状況に合わせた奨学金制度の利用できる大学や専門学校、さらには協力(実習)病院なども詳しく面談し決定していきます。

事務局の風景

 

面接や小論文対策のために社会問題の解説 をする学院長(ホームルーム)